シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2019年4月1日

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

ネパール北部で昔から栽培されている蕎麦。
伝統的な食べ方は、粉を炒って水と油で練って団子に。
普段、私たち日本人は麺でツルツルと喉越し良く食べているせいか、
けっこうな粘りがありボリュームもあるので食べるのに骨が折れました。


画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

団子状で食べた数日後、
日本でソバ打ちを学んだネパール人のざる蕎麦を食べました。
日本の蕎麦より野性的なのど越し。
小さくまとめたお団子と蕎麦羊羹も付いてきました。
食べるのにひと苦労したネパールの団子と大違い、
和食の繊細さを見た思いです。

ネパールの旅の話の続きは、また。

2019年4月1日

温サラダドレッシング3種

春です!食卓にビタミンカラー。
3種類のドレッシングで毎日野菜を飽きず食べられます。
量を食べられる、栄養の吸収が良いなどという理由で、
温サラダがおすすめです。

作ってみましょ!「温サラダ&3種のドレッシング」

●粉ふきいも

材料(作りやすい分量)

じゃがいも(男爵) 2個

水 1リットル
A

塩 小さじ1

砂糖 大さじ1/2

醤油 大さじ1/2

油 小さじ1/2

作り方

①じゃがいもは皮をむき食べやすい大きさに切って、水にさらす。

※水にさらしてじゃがいものでんぷん質を取っておくと、すっきりとした味に仕上がります。

②鍋に分量の水とじゃがいもを入れ、やわらかくなるまで煮る。

③やわらかくなったら水をこぼし、塩こしょうして鍋のゆすりながら<ハニーマスタード>をからめ、粉ふきにする。

※ドレッシングをあとでかけるより鍋でからめる方か味がしみておいしい。

●にんじん&絹さや

材料(作りやすい分量)

にんじん 1本

絹さや 適量

酒 大さじ2~3

塩 適量

油 適量

作り方

①にんじんは皮付きのまま太めの千切り、絹さやはすじを取る。

②油を熱したフライパンに①を入れ、酒を回し入れてフタをして蒸し煮にする。

③塩を加えて、水分を飛ばす。

 ◎ドレッシング3種

ポン酢オイル味

ポン酢 大さじ4

レモン汁 大さじ1/2

オリーブオイル 大さじ2

黒こしょう 適量

ハニーマスタード味

粒マスタード 大さじ2

はちみつ 大さじ1

酒 大さじ1

醤油 小さじ1

マーマレード味

オレンジマーマレードジャム 大さじ1

オリーブオイル 大さじ1

レモン汁 小さじ1

(あれば)バルサミコ酢 小さじ1/4

黒こしょう 適量

 
4月 2019
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.