シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2017年9月8日

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外

朝5時起き、広島港からフェリーで四国松山へ、さらに高速で宇和島。
4時間余りかけて糠漬けを食べに行きました。
江戸時代から250年糠床を守り続ける松屋旅館。
現在は7代目女将が、糠床の世話をされています。
犬養毅や前島密など歴史の授業で学んだ人たちも訪れた宿、
彼らも舌鼓を打った糠味噌、とても楽しみです。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

平安時代荘園として栄えた米どころ、宇和米に添えて食べる「漬物15種」。
菜の花、イタドリ、破竹、ハヤトウリ、水菜、セロリ、
らっきょ、にんじん、パプリカ、オクラ、ふき、茗荷、きゅうり。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

海から遠いため、鯛は塩でしめて運ばれました。
これを醤油に漬けてご飯にのせる郷土料理「ひゅうが飯」。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外

往時をしのぶ卯之町通り、
醤油屋さんで甘酒をご馳走になりました。

食べたいものがあればどこまでも、
きょうもゆくゆく食い意地道♪ ごちそうさまでした!

 

2017年4月17日

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外、自然

前の沖縄旅行の投稿から日が経ってしまいましたが、その②を。

沖縄の代表的な薬草といえば「月桃」。
殺菌や防虫効果に優れており、
自然な香りはアロマや化粧水、石鹸にも活用されています。

そして、このたび一番嬉しかったのが、
おばぁが手作りしてくれた「むーちー」を食べることができたこと。
むーちーは沖縄の方言で餅のこと。
月桃で包まれたむーちーには紅いもが練り込まれて、
色も綺麗でした。
ビニールひもはお愛嬌(笑)
香り良く殺菌効果のある月桃の葉でつつんだ
むーちーを始めて目にしたのは、
とらやミッドタウン店ギャラリーで開催された
「葉で包む食文化展」。
以来ずっと食べてみたいと思い続けていました。
身近にある植物を食に活かす知恵、
世界各地で見られますね。
広島でいえば、
豆ごはんを朴の葉でつつむ「さんばいさん」。
素朴で温かくておいしい文化、
失いたくないものです。

画像に含まれている可能性があるもの:花

現地でもなかなか見る機会を得るのは難しいという月桃の花を見ることもできました。
花に顔を寄せても香りはしません。
花を切った断面から野性的な香りが立ちます。
園芸種の花のような媚びるような甘い香りではなく、
草のようなナチュラルな微かな香り。

Page 1 of 8412345102030...Last »
 
10月 2017
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.