シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2018年4月22日

ポテトパン

新じゃがの季節。豊かな香りとホクホク感を味わうには、
みずみずしい男爵芋を皮ごと茹でるのがコツ。
茹でる基本とおいしいポテサラの作り方を伝授します~♪

作って見ましょ!「ポテサラパン」

材料(2人分)
男爵いも 中3個(300g)
玉ねぎ 1/4個
きゅうり 1/2本
薄切りハム 2枚
ゆで卵 1個
マヨネーズ 大さじ3
粒マスタード 小さじ1/2
レモン汁 小さじ1
塩こしょう 適量

バケット(25㎝くらいのもの) 1本
プチトマト 4個
アスパラ(茹でたもの) 1本 

作り方
①   鍋にじゃがいもを入れ、かぶるくらいの水を加えて火にかける。

沸騰したらすぐに弱火にして茹でる(約20分)。

※ポテサラにするじゃがいもは、ホクホク感のある男爵いもを選ぶ

※水からゆっくりと茹でることででんぷん質が分解されて甘みが出る。

②混ぜ合わせる材料を用意しておく。きゅうりは薄い輪切りにして塩もみし、しっかり水分を絞る。

 玉ねぎは薄くスライスして水にさらし、しっかり水分を切る。ハムは7㎜角に切る。ゆで卵は粗みじんに切る。

②   じゃがいもが竹串がスッと通るやわらかさになったら、ペーパータオルや布巾を使って熱いうちに皮をむき、

 ボウルに入れて木べらなどで粗く潰す。ここで塩こしょう、レモン汁も加える。

※熱いうちに潰すことによってでんぷん質が壊れずホクホク感のあるポテサラに仕上がる。

 冷めてから潰すと粘りが出てしまう。

③   ②の粗熱が取れたらマヨネーズを加えてなじませる。

※熱いうちにマヨネーズを加えると、じゃがいもが酢と油を吸収して食感が悪くなる。

④きゅうり、ハム、ゆで卵も加えてざっくり合わせる。

⑤6㎝長さに切って中をくくり抜いたバケットに④を詰め、茹でたアスパラとプチトマトを飾る。

 

2018年4月2日

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

祝福の春、花の春。華やかなテーブルをつくる一品。
手間をかけずに、ごちそう。一日おいてもおいしいのも嬉しい。

作ってみましょ!「華やかライスサラダ」

材料(2人分)

米 1合

黒米 大さじ1/2

プチトマト 6個

パプリカ 1個

きゅうり 1/2本

クレソン 1/2束

はっさく 1/2個

コーン缶 50g

ハム 4枚

A

酢 大さじ2

しょうゆ 小さじ2

オリーブオイル 大さじ1

塩こしょう 適量

 

作り方

①   米を研ぎ、さっと水洗いした黒米と合わせて通常の水加減で炊飯する。

※黒米を混ぜることで赤飯のような色合いになり、祝いの日に赤飯代わりに使える。

※黒米は研がない。研ぐと表面のアントシアニンが落ちてしまう。

②   プチトマトは4つ切り、パプリカときゅうりはさいの目、クレソンとハムは食べやすい大きさに切る。

はっさくは皮と袋を取り、実をほぐす。

③   炊いたごはんにAを加えてさっと混ぜ合わせる。

④    ③と②を混ぜ合わせる。

※混ぜすぎると米に粘りが出るので加減する。

Page 1 of 15812345102030...Last »
 
活動や参加イベント
2018.4.16 出版記念partyのお誘い 5月13日 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2018.4.22 新じゃがを食べよう New!
日々のつれづれ
2018.4.25 海外予防接種、初体験レポ。 New!
いのちの食はふるさとの大地から
2018.4.20 突撃農家!農家の昼ごはん New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.