シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
笑顔がある、驚きがある、発見がある、楽しく生きるための「食」を 農家さんやお店やメーカーさんや生活者の方々とご一緒に。
2017年11月5日

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外、自然

「温海かぶ」は、
鶴岡市の山間部に位置する一霞地区を中心に、
焼畑農法によって栽培されている在来野菜です。
栽培地は、木の伐採地跡など山の急斜面。
下草を刈り取って乾燥した後、火入れが行われます。
火を入れて、まだ熱いうちにタネを蒔き、
収穫の秋まで無農薬、無肥料。
火を入れることで土は殺菌されて虫がつきにくく、
草を焼いたあとの灰が肥料になっておいしいカブを育てます。
自然の力、土の力でおいしいカブになる。
焼き畑は先人の知恵のたまものです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、座ってる、草、植物、木、子供、屋外、自然

念願だった「温海かぶ」の焼畑を見学、収穫体験もさせていただけました。
温海地区では森林事業とかぶ栽培が共存。
木を伐採→伐採の跡地でかぶ栽培→栽培後に蕨育成と植樹…と循環させます。
また地域の生きた文化財である温海かぶの継承事業をUターン組の若者が運営しているのも心強い。
広島でもぜひ在来作物研究会を作ってとエールを送られました。
在来野菜は単に古くからある野菜というだけでなく、
先人の知恵から生まれた農法、料理法や祭などの生活文化を継承するお宝です。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、屋外

そして地域のばあちゃんのレシピで漬物づくり。
「うんだばAコープの砂糖じゃねえとだめだぁ」と言うばあちゃんのレシピ通り。
数年前に自主上映した『よみがえりのレシピ』を観た方、覚えてますか?
腰を屈めてかぶを世話するおばあちゃん。
地元では樽いっぱい漬けて冬に備えるそうです。
土のなかから生まれた野菜がその食ベ方とともに継がれる、それが風土。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

1キロ漬けたものをビニール袋で幾重にも包み、
庄内→東京→広島と持ち帰り、綺麗に漬かりました

2017年6月27日

画像に含まれている可能性があるもの:植物、空、花、屋外、自然

トウモロコシ、頭についてるモジャモジャひげ、なぜおひげ?
あれじつは雌しべ。1本1本が粒(実)と繋がっていて、
受精すると粒がふっくら充実するしくみなんです。
じゃ、あのひげって何本くらいあるんだろう?
その数およそ600本。であれば粒も同じ600個となるわけですね。
植物のかたちには意味がある。そんなことを話した
きょうのRCCラジオ「おひる〜む」。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

もうひとつ聴いてほしかったのは、
トウモロコシの味や香りは皮に守られているということ。
同じ穀物である米や麦は一粒一粒が殻で守られていますが、
トウモロコシは外の皮1枚。これを剥くとたちまち鮮度が落ちていきます。
なのに写真のように一部剥がされて売られているのは、なぜ?
消費者が中の状態を見たがるというのが理由。
鮮度は落ちるわ、農家さんにとってもひと手間かかるわ。
どうでしょう、キレイな野菜がいい、虫が入ってるなんてとんでもない……
私たちのちょっとのわがままが野菜のいのちを縮めているとしたら。
ただでさえ栽培に手がかかるとうもろこし。
大量の肥料が必要で虫がつきやすく、収穫後鮮度が落ちやすいのです。
野菜のことをよく知り、農家さんの労苦も知る。
みんなが生産者の立場になって考えること、だいじですね。

Page 1 of 22123451020...Last »
 
活動や参加イベント
2017.11.12 野菜がメチャ好き!「ひろしま食×農フェス2017」 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2017.11.22 春菊 New!
日々のつれづれ
2017.11.15 ハンガー干し New!
いのちの食はふるさとの大地から
2017.11.5 農を継ぐ。 New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.