シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
笑顔がある、驚きがある、発見がある、楽しく生きるための「食」を 農家さんやお店やメーカーさんや生活者の方々とご一緒に。
2019年11月27日

写真の説明はありません。

農業関係のイベントお呼びいただいて嬉しいことは、
ひたむきに農と向き合っておられる方と知り合えること。
先日も益田市「食と農フェア」で基調講演後、
真砂地区で豆腐を作っておられる方と知り合えました。

ちょっと待ってねと会場を飛び出し、
手にかかえて来られたのは〈浜田でとれた天然の苦汁と
地場の無農薬大豆で作った〉もめん豆腐。
しかも昔ながらの釜炊きで木枠に流し込むという手間のかかる仕事。
すべてを島根産でという思い。
「このままいけば、この製法も10年後には消滅してしまいます」といいます。

良い仕事が継承されていくために、
できる限りの応援をしていきたいと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

今夜、その味をしっかり捉えることが出来るよう、
昆布だしに醤油だけの汁でいただきました。
口のなかにひろがる大豆の風味、
これが豆腐だと納得できる味でした。

2019年11月3日

写真の説明はありません。

われらが故郷の広島菜漬は、日本3大菜漬のひとつ。
その原材料である広島菜は広島の伝統野菜。
宅地化が進みマンションが建ち並ぶ住宅地の谷間に
埋もれた畑を若き農業者が死守しています。
彼らが守るものは先祖が黙々と肥やしてきた土、
広島の食文化、農家としての誇り。
食べて応援!絶やしてはなりません広島の食文化。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

ちなみにわが家のチビたちは広島菜漬のおむすびが大好き。
わたし自身、懐かしい母の味。
ばあちゃんの味を継いでくれると嬉しいです。

Page 1 of 25123451020...Last »
 
活動や参加イベント
2019.12.2 12月の教室セミナー&TVラジオ New!
旬の野菜で簡単レシピ
2019.12.2 大根1本使い切り! New!
日々のつれづれ
2019.12.2 畑と、やぎと、こんにゃく。 New!
いのちの食はふるさとの大地から
2019.11.27 昔ながらの味を守る。 New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.