シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2009年12月2日

高橋さん

 

先月末、渋谷のお店に置き忘れたケータイがようやく手元に戻ってきました。

お店で一緒にご飯を食べた高橋さんが、いったん家に持ち帰って送ってくれたのです。

思わず「お帰り!」ケータイにしてはおいしそうですよ、とクロネコヤマトのおじさん。

ボックスを開けると、ケータイと一緒にぶどう、ラ・フランス、プチトマトが入っていました。

手数をかけて届けてくれた上に、こんな気遣いまで・・・・嬉しい!

サンキュ、大好き!高橋さんは仙台からシニア講習に通う八百屋志望の男性。

野菜ソムリエの人たちって、なんでこんなに心やさしいんでしょ。

こうして皆さんにご迷惑をおかけしながら幸せものです。

 ところで、青果は新聞紙に包んで保存がお約束。

水分を保ちながら通気性も確保できます。

2009年10月25日

食フェス1食フェス2 食フェス3

 

好天に恵まれた秋の週末、広島城と中央公園を会場に開かれた「フードフェスティバル」。

地元食品メーカー、飲食店、JAなど食関連の屋台が並ぶ広場は大変な賑わい。

私たち野菜ソムリエのコミュニティは、市の農林振興をお手伝いして、広島育ちの野菜をPR。

小松菜のジュースが大好評で、ブースの前で紙コップに手を伸ばす人が絶えず、

ひたすらミキサーを回し続けます。

生のまま刻んだ小松菜を2つかみ、オレンジジュースを400cc、

それにハチミツを大さじ1杯程度。

「へえ、小松菜!おいしい」新鮮な野菜のおいしさを知っていただけて良かった。

 

 食フェス5食フェス4

 

第1日目、無事終了、パセーラの「くだものカフェ」でお疲れさま。

フルーツソーダ、フルーツが水中花のようにソーダの泡の向こうできれいです。

ケーキの皿もこの通り。

野菜やくだものって、どうしてこんなにきれいなんだろ。

恋心は深まるばかり。

Page 131 of 132« First...102030128129130131132
 
8月 2020
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.