シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2008年6月2日
dscn1588.JPG 北野たけしも好んで飲んでいる茶メーカーの会長、 K氏とランチ。79歳にしてなお体内マグマは噴火を続け、 情熱を燃やして飛ぶロケット弾のような御仁。 引き締まった体と明晰な頭脳は、 体組織ひき締め効果のある醗酵アミノ酸入りのお茶と、 1日1時間の散歩と、腹八分の食事のたまもの。 「あなたも、節制せにゃいけんよ」と言われ、 「次にお会いする時までに、3キロ減量を」と固く誓い、 ランチのコースの最後の白飯をそっと半分残し、 帰った玄関先に届いたのが、なんと奈良湖月の「みかさ焼」。 1個の重量は約400グラム、直径約16センチ。 ズッシリと3個並んで大きな箱に収まっておりました。 一瞬も二瞬もためらった後、エーイ!とナイフで5等分してパクリ! うま~い!それもそのはず、奈良県名産百選第1位の実力。 知事賞にも輝いたとか。 「うさぎには、やはり丸いお月様」とは、送り主A子さんのメッセージ。 心遣いが嬉しいじゃないの、と よせばいいのに、もう一片パクリ。 食べた分だけエネルギーを消費せねばと、その夜は 月を追いかけて、40分のウオーキングに励んだ 食い意地張りうさぎでありました。
2008年5月30日

dscn1585.JPG

けれど/歳月だけではないでしょう/
たった一日の稲妻のような真実を
抱いて生きている人もいますもの/

これは詩人茨木のり子の詩「歳月」の一節。
清々しい言の葉が、風にゆれて擦れあう、
葉の茂みが放つ濃厚な匂いに、こころがむせる
言の葉の森に降る至福です。
月末にして早くも6月の書籍購入予算を
使い切ったものだから、
しばらくは本屋に近寄れません。

Page 820 of 824« First...102030818819820821822...Last »
 
11月 2018
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.