シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2008年6月13日

bungakukan1.JPGbungakukan2.JPG
kamakura1230003.JPG

 

 6月の鎌倉はアジサイを見ようという人でごった返している。
修学旅行生、遠足の生徒、なぜかナップサックを背負ったお年寄りグループたち。
老若男女が押し寄せる観光地スポットを避けて、鎌倉文学館へ。
緑深い敷地に足を踏み入れると、静寂な空気に包まれる。
さらに奥へ、招鶴洞と名づけられた切り通しを抜けると、瀟洒な建物が見える。
ここは、加賀百万石藩主の系譜である旧前田侯爵の別邸。
現在は、鎌倉ゆかりの作家達の原稿や遺品を集めた記念館となっている。
若き日の大佛次郎のスナップ写真。ジャケットにマフラー姿のなんてエレガントなこと!
里見とんの遺品、犬とウサギを彫った象牙のステッキの柄をガラス越しに、うっとりと見入る。
寺でボランティア活動をする人、町のゴミを拾って歩く人、
山々に囲まれた鎌倉の地で暮らす人たちは、作家でなくともどこか知的な雰囲気。
土地が人を育てるのか、人が土地柄を作るのか、
いずれにせよ、鎌倉の住宅地はとてもいい感じです。

2008年6月11日

bills3umi00011.JPGbills10001.JPGbills2ryouri00011.JPG

 

ニューヨークタイムズなどで「世界一の朝食」と称された、
レストランbillsの「オーガニックスクランブルエッグwithトースト」。
これを食すために鎌倉の七里ガ浜まで足を伸ばした。
生クリームがたっぷりと入ったスクランブルエッグはふわふわ。
サラダホーレン草とトマトも新鮮でおいしかった。
料理自体はとてもシンプルなのに、
素材が良いから贅沢な気分を味わえる。
いま私の舌を一番喜ばせてくれるのは、こんな一皿。

目の前は海で、江ノ島を望む。
朝ごはんを食べるためにわざわざ
飛行機と電車を乗り継いで来てる贅沢。

アメリカのヴィンテージ家具とトルコのキリムが調和した
とても趣味の良いインテリア。
皿もグラスもぴかぴかに清潔できもちがいい。
billsはシドニーの人気レストランで、七里ガ浜は海外初の出店。

Page 798 of 804« First...102030796797798799800...Last »
 
12月 2017
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.