シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2008年8月12日
郵便受けをのぞくと、コロンと分厚い封筒。 あ、M子さんからだ。 荷物を置くのもそこそこに、封を開けると いつものように、短い手紙と、 M子さんの手でラッピングされた小さなお菓子。 周囲の目を奪う、とびきりの美人。 叔父さんと叔母さんの介護に明け暮れながら、 夢のように美しいバッグやアクセサリーを作っている 彼女から届く手紙は、エデンの香りがする。 「独りでKー1の観戦に行ってきました」の一行を読み、 ああ、彼女ってやっぱいいな、と思う。   
2008年8月7日
「原爆の日」に平和記念公園を訪れたのは、 母に手をひかれて灯籠を流した小学生の時以来。 暮れなずむ空に浮かぶ原爆ドームが頭上に頂く有刺鉄線が、 世界平和を希求する道の険しさを象徴しているようで、 見上げながらしばらく多くのことを思った。 この地上から戦いを無くすことは容易ではない。 でも、こうして親しい友と笑い喋りながら川べりを歩ける平和を思い、 川面に浮かぶ灯に手を合わせることに小さな意味があると思う。 お父さんに肩車されてはしゃぐ子も、海外から訪れた青い目の青年も みんなが何かを感じながらドームを見上げる8月6日の夜。 遠くタイのセブ島で暮らす子が平和への祈りを託した灯籠を、 その子に代わって川に流した。
 
5月 2019
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.