シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2008年6月22日

chenbaro.JPGgannba.jpg

週末の雨の夜、中世古楽器の演奏会。
ヴィオラ・ダ・ガンバの青木さん、テオルボの武藤さん、そしてチェンバロの中野さん。
この夜は、全曲演奏に3時間かかるという組曲に挑戦。
「ぼちぼち、いきますかあ」と、青木さんがのんびりと弓を握って音を出し始めれば、
しばらくして、熱い日本茶を求めてキッチンに立つものやら、
カメラの電池を買いに抜け出すものやら、と、なんともゆるい空気。
なにせ3時間ぶっ通し演奏だもの、聴く側もリラックスの態勢。
でも、このカジュアル感、わっちは気に入ってる。
ま、演奏する人との合意あってのことですが。
咳ひとつするにも気兼ねして聴くような音楽は、大ホールにまかせて、
うちでは、体をゆるりと解きほどき、五感で音を感じ取ってほしい。
すぐそばで楽器が空気を震わせるのを感じ、演奏する人と呼吸がひとつになる。
演奏終了後は、奏者とお茶を飲みながら、音楽のこと、楽器のことなど、
いろんな話で盛り上がるのもいい。
みんなが楽しいと、わっちも嬉しい。また、やったろ、と調子づくのです。

中野さんが持ち込んだ電子チェンバロは、なんとも可愛く、
蓋の裏にはキューピットが描かれていました。

2008年6月18日
rakkyo.JPGtoranpet.JPG 五月のうちに注文しておいた「らっきょう」が届いたので、 らっきょう酢を買いに走り、その夜のうちに漬け込みました。 塩で洗い、熱湯にくぐらせ、酢に漬け込むだけの簡単な作業だから、 ものぐさなうさぎには珍しく、ここ10年以上も続いています。 容器の底に残った昨年のらっきょう漬けをタッパーに移しながら、 「ああ、また1年が経ったんだ」と思うのも、毎年のこと。 でも、決まった時期に、決まったことをやるのは、 自分自身を確認する作業として、とてもいいことだと思います。 ソファでおやつが身についてしまった1年、緩んだ生活を改めて3㎏減量しなきゃ。 など、など、1年を顧みる、水無月の夜。 選んだ1枚は、クリス・ボッティの「イタリア」。せつないトランペットの響き。 みなが寝静まった後、ひとり飲む夜にぴったりのCDです。 (ユニバーサルミュージック UCCU-1175)
 
9月 2018
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.