シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2008年8月23日

なんだぁ、これ? 手にとって、
見えた金具を引いてみると、メジャーがスルスル。
なるほど、とディスプレイ棚に戻そうとしたら、
「あ、あ、あ、つれて帰ってくれよぉ」。
うさぎ好きなれど、可愛い系はあんまりねえ。
でも、メジャーだし、使えるし、まあいいかぁ、とお持ち帰り。
さて手近なところで、ウエストまわりは、と、
ギョエ!気分は58㎝なのに、現実は×◎□!
紙屋町1丁目角のインテリアショップ、
ひさびさのうさぎ狩りでありました。


2008年8月21日

夜は、はや、夏の終わりの匂い。
いつも歩く川縁の草むらには、虫の声。
吹く風もひんやりと心地よくて、つい歌が出る。
耳にウオークマンの英語学習はそっちのけで、
マイ・ブームは竹内まりあの「恋の嵐」。
調子っぱずれの♪ ダンス、ダンス、ダンス ♪ を
夜の闇が苦笑いしながら吸い込んでくれる。
故・向田邦子脚本のTVドラマ
「隣の女」の主題歌だった、この歌。
根津甚八が道を歩きながら、天津甘栗の皮をむき、
それを、並んで歩く桃井かおりの口にぽい、と入れてやるシーン。
クールな顔で、あんなことされたら、たまらないよなー、と
古いドラマを思い出しながら、
ひとり、歩く、オレンジ色の満月の夜。




 
10月 2018
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.