シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2018年9月27日

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然

モリンガ、インド北西のヒマラヤ山麓原産。
インダス文明の時代に世界最古の伝承医学アーユルヴェーダで
「300の病を防ぐ」と言われた食用植物

ビタミン、ミネラル、アミノ酸などをバランス良く含みます。
味にクセがなく炒め物やスープに。葉柄は硬いので葉だけを使います。


画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然、水

そんなお宝がワサワサ繁る『つぼくさ農園』。
亜熱帯植物なので成長は早く、春に植えた小さな苗が森になってます。
勢いの良い枝葉に農園長の栽培技術の高さが伺えます
(ただし露地では越冬できず地上は枯れてしまいます)。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

それで、わたしも1株求めて、室内でむしっては食べる観葉植物に。
美しい花をつけ若い果実も食べられるといいます。
来年が楽しみ~♪
とりあえず、農園で頂いた葉で炒め物を作りました。

 

2018年9月13日

旅から帰ると必ず問われるのが、
「何が、おいしかった?」
あるいは「どんな食べ物があるの?」

わたしが好んで行く、いわゆる発展途上地域は
いわゆる貧しい地域です。
溢れるほど食べ物があるわけではありません。
とうもろこしや芋を主食に、あとは肉。
その肉が、とにかくおいしいのです。
日本や米国のように量産をめざしませんから、
基本は放牧。牛や鶏は自由に暮らしています。
ストレスフリーで、運動も足りた
動物の肉はおいしいに決まっています。
等級を競う和牛のように作られていないので、
ナイフで切るのに往生するくらいかたいけれど、
噛みしめるほど肉の味がする。
なにより、胃にもたれない。
普段、外食をして肉を食べると
夜中に胃がもたれて目が覚めるのですが、
アフリカや南米ではそれがまったくない。
食べる量は日本にいるときよりもはるかに多いのに。

それとパンがおいしい。
きっと小麦粉がおいしいからでしょう。

コンビニなどない、
お店に行くのだって100キロ走らなければならない。
でも、肉もパンもおいしい。
豊かさとは何か、と今回も考える旅でした。

 

DSC_0606

牛肉と鶏肉を食べる機会が多かった。
たいてい骨付き、味付けは塩、こしょう、ハーブでシンプル。

DSC_0280

DSC_0539

ガソリンスタンドに、原料が止まっていました。

Page 4 of 823« First...23456102030...Last »
 
10月 2018
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.