シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2018年10月17日

広島駅近く、世界約80カ国を歩いた女性がオープンしたカフェ「あかいはりねずみ」。
彼女は海外からの旅人を自宅に泊めるカウチサーフィンもやっていて、
このたびはスェーデン人夫婦を受け入れ。
受け入れの条件は「スェーデンの家庭料理を作ってくれること」。
そのようないきさつで、昨夜カフェにて
お二人を囲んで食事する「スェーデンナイト」が開催されました。
ご夫妻がスェーデンの料理を作り、広島在住の私たちは日本のsoul foodを持ち寄り。
さまざまな発見がある食の交流、
同じテーブルを囲んで笑い食べれば国境など消えてなくなります。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

アンナが作った「ヤンソン氏の誘惑」
ポテトと玉ねぎ、アンチョビの上に牛乳をかけてオーブンで焼いた料理。
スェーデン伝統のクリスマスの定番家庭料理。
使うアンチョビは辛さのなかに甘みがあるスェーデン産でなくては
ならない(アンナ談)。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

夫のダンが作ったのは、ミートボール。
リンガン(こけもも)のジャムを添えていただきます。
スェーデンでは「肉にジャム」がポピュラー。

2018年10月15日

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

ぶらり、滋賀の近江八幡へ。
古い佇まいがそのまま残る近江商人で栄えた町。
八幡の掘の水も美しく、町を水で巡る舟も出ていました。
八幡宮の入り口に「たねや」の看板。
全国的に有名な和菓子屋さんですが、ここが発祥。
お参りする人たちが、お茶とおまんじゅうでほっと息をつく
休憩場となっていたのでしょう。

画像に含まれている可能性があるもの:飲み物、コーヒーカップ、デザート、食べ物

季節柄、栗大福を選んで頂きました。
栗入り粒あんが、もち米の粒がほどよく残った皮に包まれて
とてもおいしかった。

自動代替テキストはありません。

店の裏手の蔵ギャラリーにあった一枚。歴史が偲ばれます。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然、水

八幡掘、水のある風景は良いですね。

 

Page 4 of 826« First...23456102030...Last »
 
12月 2018
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.