シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2018年3月20日

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、植物、屋外、自然

ラオスはパクチー、ミント、空芯菜など葉野菜が味濃くておいしい。
そこで、葉物専門に栽培しておられる農家さんを訪問。
主に飲食店や高級ホテルに出荷、
ヨーロッパからの旅行者が多いということもあり、
オーガニック野菜が喜ばれるらしいです。
質の高い野菜を高値で売って儲ける農業がここにも。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、花井 綾美さんを含む、、スマイル、植物、屋外、自然、食べ物

ばあちゃん、父ちゃん、息子、孫が一緒に暮らして働くのが当たり前。
みんなで農業に精を出します。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、家、屋外

農作業を言えて、今から食事のしたく。
隣に新しい家を新築中、親子三代が暮らす家。
この国には老人ホームがないというのにも考えさせられました。

2018年3月19日

ラオスごはん

ラオスは東南アジアで、
中国、カンボジア、ベトナム、タイ、ミャンマーの
5つの国に囲まれた内陸国。
メコン川が横断する農業の国です。
福岡空港からハノイを経由して首都ヴィエンチャンへ。

まず驚いたのがハーブのおいしさ。
カモミール(パクチー)、ミント、バジルが
山のように皿に盛られて出て来ます。
日本では考えられない量がいくらでも口に入る。
暑く乾燥したラオスの風土にハーブに合うのでしょう。
麺にどっさりパクチーなど、
お隣の国ベトナムの食に似ています。
毎日食べ続いていると身体がデトックスされて、
気分も腸内もすっきり。

ラオスは農業国、そして米の国。
食堂では小さな籠いっぱいに米、もち米が入れらて
出てきます。
もち米がおいしくて、つい食べ過ぎます。

ラオスごはん2

広島菜と味もそっくりな漬物が出て来て、びっくり。
聞けばアブラナ科の野菜の菜の花の部分を
食べた残りを漬物にするのだそうです。
そういえば市場には沢山の菜の花が売られていました。
広島菜もアブラナ科の野菜、
こちらは漬物専用に栽培されているだけで
もとは同じですね。
国は違っても食はつながっている。
なんだか嬉しくなります。

この続きは、また。



 
2月 2020
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.