シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2016年12月20日

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、食べ物

20代の頃、この店の前を通って仕事場に通っていた時期があります。
久しぶりに近所まで来て、懐かしくて店頭のおかみさんに声をかけたら
「ちょっと待ってよ、焼きたてを一枚食べていきんさい」と、
熱々を手にのせてくださいました。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

原爆によって戦前の生活の多くが破壊された町。
変わらぬ味、変わらぬ手仕事はなおのこと貴重です。
街の文化財として存続させるシステムはできないものだろうか・・・・と。
地域で生活する人が贔屓にして頻繁に使うことが、
一番の存続の手だてだとは思います。
そのためにも「良いもの」の価値を子ども達に植える教育も
必要ではないかと感じます。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

この日買ったのは、しょうがせんべい。
買ったのはしょうがせんべい。

2016年12月13日

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

友人にすすめられ、小さなレストランへ。
お父さん、娘さん(姉)、息子(弟)の家族経営。
昼間は娘さんが野菜ランチプレートの「ホームラン食堂」、
夜はお父さんの燻製とワインの「チャテオあくさん」、
昼と夜の2部構成でやって来られましたが、
残念ながらお昼は昨日で閉店。
川べりの気持ちの良い場所がみつかったら、
また新しいホームラン食堂をスタートされるそうです。

画像に含まれている可能性があるもの:室内、食べ物

カウンターとテーブルが3つの小さな店内、
使い込まれた厨房。そこかしこに、
おいしいものを作るんだという気概が感じられます。
ホームラン食堂のプレートも、
三次の農家さんから取り寄せた新鮮な野菜を
お父さんが作ったベーコンの脂で蒸し焼きにした
素材を活かした味。
手間をかける、手をかけすぎない、
調理はその頃合いがとても難しいのですが、
それができるのはおいしいものを作りたい、食べてもらいたいという
「熱意」と「誠意」とだと思うようになりました。

 

 

Page 20 of 795« First...101819202122304050...Last »
 
8月 2017
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.