シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2019年6月14日

画像に含まれている可能性があるもの:フルーツ、食べ物、屋外

6月の野菜仕事。
ルバーブを煮ているとイングランドの主婦になった気分。
8年ほど前にはじめて庭で栽培し、
間なしにイングランド北部の八百屋で見つけて感激しました。
庭のルバーブは数年のうちに暑さにやられてダメになりましたが、
毎年野菜市で探してはこうして酸っぱいジャムを作ります。

2019年6月8日

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、木、植物、草、屋外、自然

日本古来の酒造りを守る千葉県「寺田本家」。
そこで学び働く20代の蔵人たち。
生きものである微生物に寄り添う彼らの言葉が実にいい。
農業にも通じるなあと思いながら、
ここ10年勢いにまかせて突っ走り今、
立ち止まり改編期にあるあたしの心にしみます。

「何年、何十年というスパンの(酒造りの)仕事をしていると、
時間の尺度が長い。ゆったりと大きな流れの中にいるのが心地いいんです」

「酒の仕込みは、仕事というより祭のようなものだと感じます」

「(微生物という)自然に従い、自然の循環の中で暮らしていると気持ちいい」


結果を急ぎ、結果を重視し、
プロセスを粗末にしがちな今の世の中。
時間をかけなくては良いものが出来ない味噌や酒と同様に、
にんげんもじっくりと腰を落ち着けて、
磨いていかなくては、力がつかないのではないかと。

Page 2 of 83512345102030...Last »
 
8月 2019
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

*最新記事*



*カテゴリー*

晴れときどきのコト

ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.