シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
笑顔がある、驚きがある、発見がある、楽しく生きるための「食」を 農家さんやお店やメーカーさんや生活者の方々とご一緒に。
2010年6月15日

P6110122P6110123 P6110125

 

ちょっと話は長くなりますが、ぜひ知っていただきたい内容なので読んでみてくださいね。

 分子生物学者の福岡伸一氏。科学者の視点から「食」のことを分かりやすく語ります。

週刊文春を欠かさず買うのも、この方のエッセイを読むため。

そこで、先週は地産地消と腸内細菌のおはなし。要約してみますね。

 ●

 生まれたての赤ちゃんの腸内はまったくクリーンで、それが母乳を飲み離乳食を食べ始めると、

外部からさまざまな微生物が入り込んでコロニーを形成し始めます。

これが、いわゆる腸内細菌。

人が持っていない特殊酵素で、食物の成分を栄養素に変えてくれるエライ奴です。

腸内を住みかにする代わりに栄養を送り込む、つまり共生ですね。

ところが、この腸内細菌、人が住む地域ごとに違っていることが最近分かってきました。

たとえば日本人の腸内には海草の成分を分解する腸内細菌が存在するが、欧米の人の腸内には存在しない。

つまり、腸内細菌もまた時間をかけて風土(食生活)に応じた共生関係を形成しているというわけです。

生まれ育った土地のものを食べることが一番自然であるという「地産地消」が生物学的にも合理性があるということの証明です。

(週刊文春6月10日号「福岡ハカセのパラレルターンパラドクス」より)

 ●

 裏の畑では、腸内細菌を満足させる野菜が生育中。

野菜の花の美しさを楽しんだ後は、その実を大事にいただきます。

2010年4月10日

 

 

広島市西区にあるカフェ・レストラン「ハーストーリー ハウス」

「お茶会」に招かれ、若いママたち8名と野菜の話をいたしました。

 

 

食べるって、どういうこと?
野菜の旬とは? なぜいま地産地消なの?
よりよい食をみんなで考えます。

食事といえば栄養やカロリーを考えがちなママたちに、

おいしく食べることが一番の栄養よ、と答えます。

おむすび1つでも、
大好きな人と楽しく食べれば何よりのごちそう。

「幸せごはんの会」は、
レストラン、ギャラリー、個人のお宅・・・
どこへでも出張いたします。

Page 20 of 23« First...101819202122...Last »
 
活動や参加イベント
2018.4.16 出版記念partyのお誘い 5月13日 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2018.4.22 新じゃがを食べよう New!
日々のつれづれ
2018.4.25 海外予防接種、初体験レポ。 New!
いのちの食はふるさとの大地から
2018.4.20 突撃農家!農家の昼ごはん New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.