シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2016年12月9日

きのこしょうゆ漬

 鍋の季節、欠かせないのがきのこ。
食物繊維はもちろんビタミンB群が豊富で、
これから風邪が流行るなか免疫力を高めてくれます。
1日50g食べると良いと言われます。
毎日どうやって食べるのと仰るあなたに耳寄りレシピ、
いろんなきのこを調味料で煮詰めて保存。
ご飯のおともに、オムレツの具に、野菜炒めに加えて。
絶品が、ぶっかけ蕎麦のトッピングです。
作り置きができるので、どっさり作って毎日食べましょう。
きのこはいろんな種類を合わせる方が旨み倍増、
火を入れるときははじめから、60℃くらいからジワジワ旨みが出てきます。
調理の際洗っちゃダメなのはご存知ですよね。

作ってみましょ!「きのこの佃煮風」

材料
しめじ
舞茸
えのき
エリンギ
(合わせて300g)  

 

◯調味料

しょうゆ 大さじ1~2
酒   大さじ1
みりん  大さじ1
砂糖   大さじ1

 作り方

①きのこは食べやすい大きさに処理をしておく。
(それぞれ石づきを取り、しめじは小房に分け、舞茸は小さく裂き、えのきは長さ1/3に切り、
エリンギは長さを半分に切り縦半分にして薄切り、しめじは小房に分ける)
※小さめに切っておいた方があとでいろんな料理に使いやすい。
※きのこは2つ以上多種類使ったほうがうまみに深まる(それぞれに違ううまみ成分の相乗効果)
※きのこは調理する際水から入れる。うまみ成分は加熱によって引き出され、60~70℃で最も多く引き出される。
※時間があれば①の作業を終えたものをザルに広げて2~3時間干す。うまみが高まる。
②鍋に調味料を入れ、①を加えてフタをして中弱火にかけ、様子を見ながら約3分煮る。
③きのこから水分が出てきたらフタを取り、焦げないよう火加減を調整しながら、さらに混ぜながら
2~3分煮て、きのこから出た水分がなくなったら出来上がり。
※ここでしっかり水分を飛ばしておけば、約1週間保存がきく。
◎生野菜と合わせてサラダに、オムレツの具、汁蕎麦の具、コロッケの具、豆腐のトッピングにも。

2016年11月9日

長ネギと豆腐のチジミ風

立冬を待っていたかのように、寒くなりました。
白ネギが旬を迎えておいしくなります。
火を入れると辛み成分が甘みに変わり、とろりとします。
まずはフライパンで焼いてみましょう。
青いところも全部いっしょに刻んで食べてしまいます。

 

作ってみましょ!「白ネギと豆腐の韓国チジミ風」

材料
木綿豆腐  1丁(300g)
長ネギ(細)  2本
しめじ  1パック
卵 2個
小麦粉 50g
鶏ガラスープの素  大さじ1
ごま油 大さじ4

◯つけだれ
しょうゆ  大さじ2
酢  大さじ3
ごま油  適量
唐辛子  適量

 作り方
①長ネギは4~5㎝長さに切り、さらに縦4つに切る。
②しめじは石づきを取り、手でほぐしておく。
③豆腐はキッチンペーパーで包んで電子レンジで水切し、ボウルに入れてスプーンで粗くつぶす。
※豆腐の水切り時間は豆腐の状態やレンジの機種によって異なる。600Wで約3分が目安。
④③に①②を加え、小麦粉をまぶして混ぜ合わせ、さらに卵を割り入れて混ぜる。
⑤ごま油を熱したフライパンに④を入れて平らに薄くのばし、フタをして中弱火で
片面を約3分焼く。
⑥片面が焼けたらひっくり返してフタをせず約3分焼く。
※フタをしないのは水分を飛ばすため。
⑦焼き上がったら皿に盛り、つけだれを添える。 

 

Page 10 of 154« First...89101112203040...Last »
 
活動や参加イベント
2017.12.1 12月のセミナー教室&TVラジオ出演 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2017.11.22 春菊 New!
日々のつれづれ
2017.12.1 Merryクリスマス! New!
いのちの食はふるさとの大地から
2017.11.5 農を継ぐ。 New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.