シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2018年12月27日
百歳現役。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、眼鏡、屋外

百歳にして現役の画家、掘文子さんの展覧会へ。
美術館内で観ることのできるビデオに掘さんの顔と声。

花の画家と言われて、
「ただきれいというのではなく、生き物として惹かれる。
花の中に男と女がいて、ときにはこわい動物のように感じる」

この語りをきいて、おこがましくも、あ、一緒だと心の中で手を叩きました。
わたしが野菜から目が離せないのも、その生態や生命力に驚かされるから。
そして、新しい場所、新しい人と出会って、
いつも子供みたいにびっくりしていたいというのにも共感します。

停滞し驚きを失っていく自分を捨てるために旅に出る。
同感。ペルー、メキシコ、ネパール…。
酸素マスクを装着してヒマラヤをブルーポピー探して歩いたのが80歳のとき。

力をもらえました。100歳まで現役!と新しい手帳に書いておこう。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、自然、食べ物、屋外

美術館の隣にある道の駅{トレッタみよし」の前に小さな畑。
白菜が美しかった。


生誕100年堀文子展
奥田元宋・小由女美術館1月20日(日)まで
http://www.genso-sayume.jp/index2.html

« 上手に焼けたよ。   飛んで飛んで2018 »
 
旬の野菜で簡単レシピ
2019.1.11 キャベツがおいしい! New!
日々のつれづれ
2019.1.17 香りの記憶。 New!
いのちの食はふるさとの大地から
2019.1.17 小さな講演会『みんなで育てよう!広島の風土&FOOD』2月3日(日) New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.