シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2017年8月18日
かつお節の不思議。

自動代替テキストはありません。

5月に沖縄の市場で買った鰹節。
新聞紙の包みをほどいて、思わず声が出た濃厚な香り。
熟成してたんですね。
表面に白いカビをつけた「枯節」。
わざわざ鰹節にカビをつける理由は、旨みの凝縮と上品な味わいへの変化。
カビが鰹節内の水分を吸い上げていくことで旨みが凝縮し、
同時に臭みや雑味の原因になりやすい脂肪分を分解して上品な味わいに変わっていくんです。
もちろんカビは無害。

自動代替テキストはありません。

鰹の肉をこのような方法で保存活用することを思いついた先人の知恵を尊びながら削ります。
大工さんのように薄く削れないけど、十分おいしい。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

今朝はニラそば♪ 麺と卵黄を合えて具をトッピング。ちょいラー油も忘れずに。

 

« あしたを楽しくする材料   野菜パラダイス »
 
活動や参加イベント
2017.9.1 9月の教室セミナー&TVラジオ出演 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2017.9.1 いちじくのサラダ New!
日々のつれづれ
2017.9.17 王者の眼差し ~写真展 New!
いのちの食はふるさとの大地から
2017.6.27 なぜ皮がはがされてる? New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.