シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2016年8月10日
ゴーヤーのワタを取らない

ゴーヤー2016

ゴーヤーの調理しかた、よく言われるのが
「ワタはスプーンで取り除く」。
これは、ゴーヤーが今より苦かった昔のこと。
今のゴーヤーは昔ほど苦くありません。
ワタも試しに生のままつまんでたべてみてください。
微かには苦いけれど、そのまま食べてもまったく大丈夫。
ワタには脂肪を分解する酵素の働きを活発にしてくれる
成分が含まれているのです。
捨てるなんてもったいない!
種だけを取って刻んで軽く塩もみ、これで苦みがやわらぎます。
品種改良や畑の環境によって、
昔と今では、野菜の味もずいぶんかわってきました。
野菜の味をよくみながら、
今にジャストな調理法をみつけたいものです。

 

花井 綾美さんの写真

« 命をつなぐ営みを永久に。   いのちをいただく。 »
 
活動や参加イベント
2020.3.2 3月の教室セミナー&TVラジオ New!
旬の野菜で簡単レシピ
2020.2.24  New!
日々のつれづれ
2020.3.2 ファイト!アグリ広島 New!
いのちの食はふるさとの大地から
2019.11.27 昔ながらの味を守る。 New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.