シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
笑顔がある、驚きがある、発見がある、楽しく生きるための「食」を 農家さんやお店やメーカーさんや生活者の方々とご一緒に。
2014年8月13日

花井 綾美さんの写真

 

かぼちゃのツルが食べられるときいて、
畑を持っておられる方にお願いをして頂きました。

インドネシアや韓国などアジアの多くの国では、
日常の食材として食卓にのぼっています。

それを廃棄してしまうのは、もったいない話です。
食料自給率およそ40パーセント、食料廃棄率は世界一。
そんな私たちの国の食料環境を正す意味でも、
食べられるものは捨てない!
そんな意識がひとりひとりに必要だと思います。

 


花井 綾美さんの写真

 

洗って手でちぎって、熱したフライパンに投入。
フタをして蒸し焼きにし、皿に盛ってだし醤油をたらり。
普通に食べることができました。

韓国では、ごはんを葉で包んで食べると聞きました。

2014年6月24日

 

東広島市福富町の私立久芳小学校の

「アイガモ農法による米づくり教室」に立ち会いました。

 

 

広島県から借りた約1反(10アール)の田んぼ、
生徒たちが作った可愛い看板が目印。

 

 

 

 

アイガモのひな5羽が、田に放されるのを待ちます。

アイガモ農法を行う農家の門藤さんのところから譲り受けて、

校内の飼育小屋で生徒たちの手で1週間飼育されました。

これから田の稲を育てていく生徒たちはひなに愛情をおぼえ、
これから田の虫や雑草を食べて働くひなたちは生徒たちの声を覚え、

お互いのコミュニケ-ションを深めるためです。

 

 

さあ、いよいよ放鳥です。

 

 

田に放たれ、さっそく水の中を漁るアイガモたちを見守ります。

 

雑食性のアイガモは水田内の害虫を好んで食べます。
泳ぎながら水田をかき回すため、
常に水を濁らせて水温を上げ稲の生長を助ける働きもします。

また、アイガモのふんは稲の肥料となります。

1反にせいぜい5羽、多すぎるとふん(肥料)も過剰になり、

いもち病の原因になります。

しかし、大敵は空を飛ぶ鳥やキツネなどの獣。

ひなを狙ってきます。

ここでも、昨年は鳥や獣に食べられて全滅。

補充しながら収穫の秋を迎えます。

 

 

ボランティアで生徒たちの指導にあたる門藤温三さん。
ご自身、アイガモ農法(自然農法)で米作りをされる農家さんです。
農家の子として育っても農の手伝いを経験せずに大きくなる子も多い時代、

こうして農を知る体験は貴重です。

農の面白さに目覚めれば、都会に出ることなく
家業の農業を継ぐという選択も増えていくと思います。

 

 

元サッカー選手の中田英寿も自然農法について話を聞きに来たと言う

プロ中のプロ、御年80歳。

門藤さんの作る無農薬米は「もんどうむよう」の名でつとに有名。
栗の花が咲く頃に田植えして、霜が降りることに稲を刈る。

これが本来のリズムで、今はみな急ぎすぎるから米がまずい。

瑞穂の国の日本人が、パンを食べるようではダメだと話されます。
現に、この田んぼは10日前に田植えを終えたばかりです。

「ぜひとも福富の良い農産物をぜひ紹介し、農を元気にしてほしい」

ここにも、生産者と生活者の橋渡し役としての働きを期待される
農家さんがおられます。

田の早苗が美しい6月の晴れの日、
野菜ソムリエとしての活動の道筋がまた明確になりました。

Page 9 of 25« First...789101120...Last »
 
活動や参加イベント
2020.3.2 3月の教室セミナー&TVラジオ New!
旬の野菜で簡単レシピ
2020.2.24  New!
日々のつれづれ
2020.3.2 ファイト!アグリ広島 New!
いのちの食はふるさとの大地から
2019.11.27 昔ながらの味を守る。 New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.