シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
笑顔がある、驚きがある、発見がある、楽しく生きるための「食」を 農家さんやお店やメーカーさんや生活者の方々とご一緒に。
2016年4月14日

山本1

安芸高田市で大規模ハウス水耕栽培を手がけるトペコを見学にお邪魔しました。
県内に広く出荷されるネギ、種から発芽したばかりの赤ちゃん。
育苗の風景です。

山本2

育苗されたネギは清潔な環境のなか、液肥で育ちます。

山本4

近隣の主婦の方がパートで働いておられます。
大規模経営の農業は農作物の安定供給とともに、
地域の雇用を促進するというメリットも生み出します。

山本5

主力のネギとともに注目を集めているのがレタスの水耕栽培。
難しいとされた技術をクリア、通常の土耕栽培ものよりも立派な株。
シーズン10万個のレタスが出荷されます。
葉の傷みの少ないので、外葉までおいしく食べることができます。
ただ、出荷の際には従来のレタスのサイズに合わせなくてはならず、
食べられる外葉を除いて廃棄しなくてはならないのが現状。
外食産業や惣菜メーカー、給食づくりに活かせないものかと思います。

山本7

レタスの根、こんなに長いんです。
切ると根元から苦い成分(汁)を出します。
みずからをキズつけられたことへの抵抗ですね。
野菜は生きている。
生産現場では、それをより強く実感できます。

山本9

見学させて頂いたお礼に、
さて、スタッフさんたちの昼ごはんを作りました。
レタスとネギは現場調達、究極の地産地消です。

山本10

いつでも、どこでも、だれとでも、
いっしょにごはんを食べると、一気に心の距離が縮まります。
わたしの「幸せごはん」の原点です。

山本11

生産者さんを思いを食べる人に伝え、
地元広島の野菜をもっとおいしく、だいじに、沢山食べていただく。
その活動をより確かなものにしていくために、
これからも、あちらこちらの畑を訪問させて頂きたいと思います。

2016年2月6日

奈々さんのおくりもの

「農業女子」という言葉、お聞きになったことがありますか。
メディアにも登場して、2~3年になるでしょうか。
農業振興策の一環として、農林水産省が
「農業女子プロジェクト」を立ち上げたのがその頃です。
全国の農業就労人口の約半数を女性が占め、
女性のいる就農世帯の方が収入が高いという結果に
着目してのプロジェクトのようです。
女性特有の感性、柔軟性、そして粘り強さを活かした農業、
とりわけ農産物の加工品開発などには、
実際に調理にかかわる機会の多い女性の生活実感と知恵が
大いに活かされるようです。
農業関連のメーカーも、女性が扱いやすい農機具、
農作業を快適にする作業着のデザイン、日焼け止め効果の高い化粧品など
農業女子とのコラボレ-ションで商品を開発。
きつい、汚れるといったマイナスイメージがあった従来の農業から、
明るい、楽しい、ちょっとお洒落な農業へと、
元気な女子が牽引しています。

そして、わたしもまわりにもそんな農業女子が何人かいます。
苦労のわりに儲からない農業、だけど楽しい!
衰退していく農業をどうするかなんてしかめ面してても始まらない、
前に進もう!農業をやってきて良かった!そう言い切る彼女たち。
きょうは、そんなかっこいい女子のひとり、
奈々さんからちょっと早いValentineギフトが届きました。
干し大根や干し椎茸に中に混じった袋は「胚芽入り米ぬか」
炭火で丹念に煎った玄米のぬかは、きな粉のようにおいしいとか。
丁寧な仕事、ギフトにもしたいラッピングは、やはり女性ならではの発案。
いいね!里山での暮らしがそのままパッケージされるような、
そんなハード&ソフトで豊かに暮らせる農業のモデルをつくって欲しい。

 

 

Page 3 of 22123451020...Last »
 
活動や参加イベント
2017.12.1 12月のセミナー教室&TVラジオ出演 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2017.11.22 春菊 New!
日々のつれづれ
2017.12.1 Merryクリスマス! New!
いのちの食はふるさとの大地から
2017.11.5 農を継ぐ。 New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.