シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
笑顔がある、驚きがある、発見がある、楽しく生きるための「食」を 農家さんやお店やメーカーさんや生活者の方々とご一緒に。
2013年7月1日

写真: きょうの一冊「神々の食」(池澤夏樹・文藝春秋刊)  30年ほど前、沖縄本島から石垣島に渡ったとき、小さな飛行機にあった機内誌を大事に持ち帰ったことを覚えています。「Coral way(コーラルウエイ)」、今は南西航空から日本トランスオーシャンという名に変わった航空会社の素敵な機内誌です。そこに連載されたエッセイを一冊の本にまとめた「神々の食」。芋と豆腐と塩辛しかなかった島の暮らしは、神々に守られ、神々に感謝して頂くことで豊かなものであった頃から今に至るまで。食の基本をあらためて思う一冊。豆腐、かつお節、蜂蜜など島の産物を支える人々の話ですが、粟国(あぐに)島の塩の話がとくに興味深いです。 読書会を開いて、そんなこんな話ができたら楽しいだろうと思います。どうでしょう?

 

池澤夏樹著「神々の食」を読んで。

芋と豆腐と塩辛しかなかった沖縄の島の暮らし、

神々に守られ、神々に感謝して頂くことで豊かなものであった頃から
今に至るまでの話。

たとえば、天然にがりを使う豆腐づくりのくだり。
「他人の味覚的幸福のために朝4時に起きて働くことが、
一日40丁の豆腐を作ることが、その作り手をも幸福にする。
こういう世界ではお金はさして強い動機にはならない」

お金と引き替えでは得られない幸福と満足感、

これが農を支え、
スローフードをすすめる力となっているのではないかと、

自分自身の食の活動を振り返ってみても、
そう思います。

 いいお話をありがとうと言ってもらえると、
それだけで実がずっしり。

 

 

 

2013年1月30日

 

中国農政局主催シンポジウム「農を取りまく情報交流の広場」が、

参加者130名を迎えて行われました。

わたしは、生産者と生活者をつなぐ役割を担う野菜ソムリエの立場で
パネリストとして参加しました。

農産物を作る生産者(農家)さんと、それを買って食べる消費者が

お互いの理解を深めていこうというもの。

農業従事者の平均年齢が70歳を超える厳しい現実の中、

田畑が絶えてしまっては、私たちは健康な食生活を
送れなくなってしまいます。

農を支えるために、私たちにできること。

地元の野菜を選んで買い、しっかりと食べること。

そのために、わたしはこれからも

しっかりおいしく食べるための台所仕事をしっかりと

みなさんに伝えていきたいと思います。

 

 

Page 10 of 22« First...8910111220...Last »
 
活動や参加イベント
2017.12.1 12月のセミナー教室&TVラジオ出演 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2017.11.22 春菊 New!
日々のつれづれ
2017.12.1 Merryクリスマス! New!
いのちの食はふるさとの大地から
2017.11.5 農を継ぐ。 New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.