シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
笑顔がある、驚きがある、発見がある、楽しく生きるための「食」を 農家さんやお店やメーカーさんや生活者の方々とご一緒に。
2013年1月30日

 

中国農政局主催シンポジウム「農を取りまく情報交流の広場」が、

参加者130名を迎えて行われました。

わたしは、生産者と生活者をつなぐ役割を担う野菜ソムリエの立場で
パネリストとして参加しました。

農産物を作る生産者(農家)さんと、それを買って食べる消費者が

お互いの理解を深めていこうというもの。

農業従事者の平均年齢が70歳を超える厳しい現実の中、

田畑が絶えてしまっては、私たちは健康な食生活を
送れなくなってしまいます。

農を支えるために、私たちにできること。

地元の野菜を選んで買い、しっかりと食べること。

そのために、わたしはこれからも

しっかりおいしく食べるための台所仕事をしっかりと

みなさんに伝えていきたいと思います。

 

 

2012年11月20日

 

次の文章は、某病院の医師による投稿の一部です。

 

足の関節が痛くなり、歩けなくなった20代女性が来院されました。

あまりの痛みに近くの病院を受診されたところ、
リウマチと診断されレミケードという強い薬を勧められました。
同時に副作用の強い薬であることも説明されました。
不安を感じた患者さんは、副作用のない安全な治療方法を希望され当院に転院されました。
検査の結果、足の関節に化学物質アレルギー、ウイルス感染、電磁波ストレスがあり、

体全体の免疫力が大きく低下していました。
患者さんは仕事が忙しいため、この3年ほど毎日コンビニ弁当を食べていました。
仕事などのストレスなどで免疫力が落ちたところに、コンビニ弁当に含まれる食品添加物や農薬による化学物質アレルギー、

そしてウイルス感染が誘発されたと考えられました。
病気は、ストレス、食事、生活習慣、ウイルス感染など、複数の原因が複雑に絡み合って起こります。
それらによって免疫力が低下すると、病気にかかりやすい体質になってしまうのです。
“コンビニ弁当ばっかり食べているけど、元気だからいいもんねー”
がいつまでも続くとは限りません。
コンビニエンス(便利)だけを追求せず、本当にあなたの体の健康を考えた安全な食材を「選んで」食べてください。

 

これは極端な例かもしてません、が

なにが添加されているか、

形にみえないものを食べ続けることのリスクを示しています。

野菜は、天然素材。なにも足していない、自然のまま。
それが野菜をすすめる理由のひとつです。
残留農薬や化学肥料の害を問う人はいても、

野菜を通して自然を感じ癒されることを思えば、

プラスは大きいのではないかと思うのです。

 

Page 10 of 21« First...8910111220...Last »
 
活動や参加イベント
2017.9.1 10月の教室セミナー&TVラジオ出演 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2017.9.27 元気回復味噌スープ New!
日々のつれづれ
2017.10.20 食育推進功労賞 New!
いのちの食はふるさとの大地から
2017.6.27 なぜ皮がはがされてる? New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.