シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2010年5月11日

 

ぼんやりとした空模様、五月病も悪化しそうな天気。
なんとなくだるい、やる気が出ない・・・・・。
実はわたしのことなんですが、そんなときは野菜たっぷりのスープを。

 

天候不順で露地野菜が出遅れ、野菜市も彩りにかけます。
ここはひとつ妥協して、旬を過ぎたブロッコリーも使っちゃいます。

作ってみました! 野菜の彩りスープ

じゃがいも、にんじん、キャベツなど冷蔵庫にある野菜で作りましょう。
残り野菜の使い切りスープともいえますね。

①油を敷いた鍋にたまねぎを入れて軽く炒める。

②他の根野菜を加え、水を入れて煮る(青野菜は根野菜に火が通ってから加える)。

③野菜がやわらかくなったらチキンブイヨンを加え、塩コショウで味をととのえて出来上がり。

※私の野菜スープにたまねぎは欠かせません。甘みが出ておいしいから。

 

■幸せのオマケ

 

 

庭の茂みで、今年も野イチゴが実をつけました。
泣いても笑っても、かまわず季節は巡ります。
それを実感して、安心します。

それが庭をもつ喜びでもあります。

 

2010年5月8日

 

大型連休明けで、心身もおサイフもちょっとお疲れぎみ?
久々に、ひとり昼ごはん。冷蔵庫を開けて、あー、すき焼きの残りの白菜しかない。
ならば、これで一品作ってやろうじゃありませんか。

 

肉なし、魚なし、というときでも、野菜があれば!

ダシさえしっかり効いていれば野菜の力でおいしい一品に。
残り野菜で昼ごはん、ダシの素を使ってパパっと作っちゃいましょう。

 

作ってみました! 「残り野菜丼」

①刻んだ白菜をごま油で炒め、しんなりさせる。

②酒、しょうゆ、ケチャップ、だしの素を適宜加える。

③水溶き片栗粉を加え、とろみをつけて出来上がり。

※人参、玉ねぎなど残り野菜で作れます。カフェごはん風にケチャップ

 で味つけしましたが、トーバンジャンでピリ辛もいいかも。

 

■幸せのオマケ

 

 

知人がプロジュースしたおむすび屋さんのプレ・オープン。

10種類以上も並ぶおむすびの中から、
「どれでも、いくらでもお食べください」と、嬉しいご招待。

米屋さんが開いた店で、名水で知られる奥出雲の仁多米を使用。
米と塩と海苔の幸せな縁、まさに日本人のソウル・フードです。

一番ニコニコしたのは、トイレの表示。
「にた男」と「にた子」 これをデザインした方の顔にそっくり。

大手町のNHKのすぐそば、テイクアウトもOK。

 
活動や参加イベント
2018.6.27 空飛んでます。 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2018.6.26 夏に!トマト味噌 New!
日々のつれづれ
2018.6.21 ルバーブの塩漬け New!
いのちの食はふるさとの大地から
2018.4.20 突撃農家!農家の昼ごはん New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.