シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2019年3月1日
骨まで愛して。

写真の説明はありません。

農学博士の小泉武夫さんが仰ってます。
「いちばん魚を食べてきた民族なのだから、
そのメンツにかけてアラを食べなきゃ」
その著書『骨まで愛して~』では、
産廃業者のオヤジさんが、アラを混ぜた堆肥を使って
有機栽培をする会社を立ち上げた話も。
あるものを循環させる暮らしを見直す機会にもなる「アラ」。
昼前に魚屋さんへ行くと、
刺し身にした後のアラが手に入ります。
鯛の尾頭付きは買えないけれど、お頭ならばお安いです。

 

 

« キャベツが甘い。   卵かけご飯に、胡椒? »
 
活動や参加イベント
2019.3.1 ネパールへ行ってきます~♪ New!
旬の野菜で簡単レシピ
2019.3.3 春を祝う。 New!
日々のつれづれ
2019.3.3 卵かけご飯に、胡椒? New!
いのちの食はふるさとの大地から
2019.1.26 農なき国に未来はない。 New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.