シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2013年2月27日
洋風おふくろの味

 

おふくろの味の定番「肉じゃが」を洋風にアレンジしてみました。

調味には沖縄の胡椒「石垣ピパーツ」を使って。

 

 

ピパーツは通称で、和名はジャワナガコショウ。
胡椒の語源とも言われ、沖縄の八重山地域では

家の石垣などに自生しているそうです。

八重山そばや炊き込みご飯に入れるなど、

ごく日常的に使われている調味料です。

独特の香りがあります。

チャーハンや卵焼きに入れても合いそうです。

 

作ってみましょ! ピパーツの洋風肉じゃが

 

材料(4人分) 鶏胸肉300g、じゃがいも大2個、にんじん1/2本、玉ねぎ1/2個、ブロッコリー50g       
          コーン缶20gくらい、ビーンズ(水煮)20gくらい、片栗粉 適量、塩適量
          A(にんにくチューブ・生姜チューブ・ケチャップ・酒 各適量)

          B(オリーブオイル・バター・ニンニクチューブ各適量)      

          C(オレンジジュース400cc、牛乳100cc、コンソメ顆粒大さじ2、ケチャップ大さじ4、ソース大さじ2)
            砂糖小さじ1、ピパーツ・パセリ粉末・粉チーズ各適量)

 

鶏胸肉は一口大にカットし、ビニール袋にAと一緒に入れて揉みこみ下味をつけ、片栗粉を薄くまぶしておく。
②.じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、にんじんは皮をむかずそのまま乱切りにし、一緒に茹でる。玉ねぎは
  くし形切りにする。コーンは水気を切っておく。 ブロッコリーは房に分け、塩少々を加えた熱湯で軽く茹でる。
③フライパンにBと玉ねぎを炒めて半透明になってきたら鶏肉とにんじんを加えて塩、ピパーツで調味する。
全体が馴染んだらCを加えて少々煮込み、塩と砂糖で味を調える。
水分が半分ほどになったらコーン、ブロッコリーを加えて火を止め、ふたをして味を染み込ませる。
器に盛ってミックスビーンズを散らし、仕上げにパセリ、粉チーズを好みで振りかける。

« 節約スープ   ふわふわ卵のニラ玉 »
 
活動や参加イベント
2017.3.9 3月のセミナー&教室 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2017.3.27 りんごのケーキ New!
日々のつれづれ
2017.3.15 花よりもなお New!
いのちの食はふるさとの大地から
2016.10.19 野菜が食べられなくなる日が来る? New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.