シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
笑顔がある、驚きがある、発見がある、楽しく生きるための「食」を 農家さんやお店やメーカーさんや生活者の方々とご一緒に。
2012年10月26日

 

やっぱり、おいしかった!

先日、出雲まで足を運んだとき、

古い商店街に「麹屋」の看板をみつけて飛び込み、

買ったのがこれ、おかずみそ。

ああ、もう2、3袋買っておけばよかった。

と、いままで何度こうした悔いを繰り返したことか。

それにしても商店街に麹屋が残る町の文化が羨ましい。

地元の方に言わせれば「商店街も衰退するばかりですよ」

残さなきゃ、活かさなきゃ、
にっぽんの食はだめになってしまいます。

日本の食文化を世界無形文化遺産に!という動きがある中、

こうしたお店の保存も大事なことでしょう。

 

 

 

 

2012年3月19日

 

 

広島の若い世代が中心になって立ちあげた、

「楽しく食育ひろしまキッチン」。

毎月第2日曜日に公民館に集まって
食育的料理教室を開きます。

忙しさにまかせてロクなものを食べていない、

食材を選ぶ目がない、

何を作ってどう食べればいいのか分からない・・・

そんなひとたちに、講師として

食べるとはどういうことなのかを話します。


まずは「食べることは楽しい!」ということを実感し、

食べることを大切にできるようになれば、

作る力はあとからついてきます。

ごはんを炊く、みそ汁をつくることからスタート。

かつおの削り節でだしを取る、

みそ汁に入れる大根は皮をむかずに使う、

ほうれんそうの茹で時間は30秒。

「あー、湯がわいた」「たまねぎ、どんな風に切るのぉ」

てんやわんや、みな楽しそうなのが嬉しいです。

 

初回の3月初旬、

広島菜の菜の花を農家さんから頂いたので、

皆の前でパパッとクックのライヴ・ショー。

フライパンで焼き、焦げ目がついたら
酒とだししょうゆと和からしを混ぜた調味料を

ジュッとふりかけて出来上がり!

香ばしい匂いに、歓声があがります。

「さあ、箸をもって!」

みながフライパンからじかに熱々をつまみます。

ほろ苦い春をあじわってもらいます。

自然を体感できる野菜の魅力を知って、

みんなが「幸せごはん」な毎日になれるよう、

いつでも、どこでも、誰にでも、しゃべり続けます。

Page 14 of 24« First...10121314151620...Last »
 
旬の野菜で簡単レシピ
2019.11.3 里芋の季節。 New!
日々のつれづれ
2019.11.3 60円の幸福。 New!
いのちの食はふるさとの大地から
2019.11.3 食べて応援! New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.