シニア野菜ソムリエ花井綾美と「広島の大地の旬」をいただきましょう
2015年7月22日

ピクルス2015

じめじめ蒸し暑い季節になると、欲しくなるのが酢の味。
疲労回復を促すクエン酸サイクルのフル稼働を要請する体の声に、
はい!かしこまりました。と冷蔵庫に毎日ピクルス。
おやつにつまみ、サラダに添え、マリネに、サンドイッチの具に。
う~ん、すっぱおいしい。あると便利な常備菜です。

作ってみましょ!「夏のピクルス」

材料 
ニンジン、ピーマン、パプリカ、セロリ、キュウリ、レンコン、プチトマトなど

★ピクルス液の割合
米酢1カップ、水1カップ、きび砂糖80g、塩大さじ1、赤唐辛子(種をぬく)2個、
ローリエ1枚、黒粒こしょう20粒
※甘酢や寿司酢でも代用できます。その場合も赤唐辛子と黒粒こしょうを入れると味に深みが出ます。

 

作り方
①野菜は食べやすい大きさに切る。

②ホウロウまたはステンレス鍋にピクルス液の材料を入れて火にかけ、煮立たったら火を止めてそのまま冷ましておく。

③別の鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、①の野菜を入れて20~30秒おき、ザルに上げて水気をよく切る。

④③の野菜を熱いうちに煮沸した容器に入れ、十分に冷ました②を注ぎ入れる。

 ※調味料の配合は好みで加減ください。2日くらい置くと味がしみておいしくなります。
  保存は密閉の保存袋でもOK。消毒の必要がないので便利です。

2015年7月5日

花井 綾美さんの写真

トマト、ピーマン、なす、きゅうり。夏野菜は暑い夏、カラダをクールダウンしてくれます。
が、これから冷房の夏、冷えすぎにご用心。
冷たいものばかり食べていると内蔵の働きが悪くなります。
あったかいスープを飲みましょう。
野菜と昆布だしと天然塩であっさりと仕立てました。

作ってみましょ!「夏野菜の滋養スープ」

材料(4人分)

なす 1本
トマト 2個
ピーマン 1個
しめじ 1/2パック
干しエビ 大さじ4(8g)
しょうがのすりおろし  大さじ1
にんにくのすりおろし  大さじ1弱
昆布だし 800cc
米油  適量
天然塩 適量

 作り方

①トマトは一口大の乱切り、ピーマンは半分に切って種を取り細い千切り、
 しめじは石づきを取ってほぐす。ナスはピーラーで縞模様に皮をむき、一口大の乱切り。

②油を熱した鍋にナスを入れて軽く炒め、取りだしておく。

③同じ鍋に油を足し、しょうが、にんにく入れて炒め、香りが出たら
 干しエビ、トマト、ピーマン、なすを加えて炒め合わせる。

④③に分量の昆布だしを加え、材料がやわらかくなったら塩で味をととのえる。

 ※塩だけの調味ですが、昆布だし、野菜、干しえびでしっかりと味が出ます。
自然の滋味を味わっていただきたいレシピです。

 
活動や参加イベント
2018.4.16 出版記念partyのお誘い 5月13日 New!
旬の野菜で簡単レシピ
2018.4.22 新じゃがを食べよう New!
日々のつれづれ
2018.4.25 海外予防接種、初体験レポ。 New!
いのちの食はふるさとの大地から
2018.4.20 突撃農家!農家の昼ごはん New!
シニア野菜ソムリエ・食育プランナー 花井綾美のプロフィール
ホームきょうの幸せごはん晴れときどきのコトお話しましょ食と農
花井綾美活動ファイルお問い合わせ
Copyright C Ayami Hanai All Rights Reserved.